読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねことタクシー

ねことタクシー。

 

モロッコには猫とタクシーが沢山います(あります)。

 

たくさんってどのくらいやねん、という話だが、

たくさんなの!!!

 

例えば、道を歩いたとします。(路地ね)

3分くらい歩けば、8匹は野良猫に会います。

 

よく日本だと江ノ島にたくさん猫がいるなんて言うけれど、その比ではありません。

ただ、猫を飼っている人は居ないんだよね。(そりゃあこんだけ街中におれば買う気はうせるだろ)

 

イスラームの関係だけれども、猫は結構良い生き物とされているの。

その反対に、犬はほっっっっとんど見かけない!モロッコに来て、野良犬なんて1回か2回しか見かけたことないよ。

それもイスラームの関係だけれども、犬は、あんま良くない生き物。

 

同様に、タクシーもたくさん。

よくみんなから、

「まなみん、こんな暑い国で、色々移動して大丈夫なの?

日本でこの前熱中症になって救急車、乗ってたじゃん

と言われますが。

 

心配ご無用でございます。

 

あ る い て な い ん で!!!!

 

だってさ、日本で五分歩くのと、モロッコで5分歩くの全然違うから。笑

ここで5分も歩けば普通に背中ぐっしょり汗かきます。(日本でほとんど汗をかかないわたしが)

 

ということで、普通に5分歩くならタクシー使います笑

 

「お前….どんだけボンボンやねん」って思ったかもしれませんが、超絶安いので。コッチのタクシー。

 

例えば、車で10分の距離で大体200円くらい。

1分乗車位でも全然タクシー使います笑 20円くらい払うだけっすね。

おかげで筋肉めっちゃおちてま~~す笑

 

そんで、そのタクシーもめっちゃ捕まる!電車とかトラムとかのほうが高いし、待たないといけないし、大変!

あと、コッチのタクシーは基本あいのりです。

え、じゃあ、お金も割り勘?いいえ。違います。普通に一人で占領しても4人でのっても値段は一緒。

基本メーターを運転手が動かしているんだけど、ちゃんと値段を聞かないとだめ。

観光客と舐められるとぼったくられます。

このまえ、学校からスーパーまで(あるいて5分)乗ったら、30円と言われ、メーターには16円ってなってたのね。

だいぶ心臓に毛が生えてきたわたしは、

「あ!?高くね!?16ってあるやん!嘘はよくないで!」

「ということで16円でよろしく!良い週末を!」と言って降りました笑

 

 

今日授業で悲劇な話を呼んだのだが、先生が、

「イタリア人はいつもニッコリしてて楽しそうだけど、日本人はいつも悲しいんでしょww

ねえ、まなみ。今日も悲しいんでしょ?」

といわれ、他の生徒(ヨーロッパ)が大笑いしていた。フランス語とポルトガル語だったけど、「彼女は~」とよくわかんないこともたくさん言われた。みんながゲラゲラ笑った。内容はわかんなかったけど、嫌味みたいな。気分は良くなかった。

 

いらいらいらいらいらいらいらいら。

なんでそういう事言うかなあ。

 

そりゃあさあ、あなたたちにわたしのきもちなんてわからんわさ。

だって、授業が終われば、母国語で話せる友達なんてそこら中にいてわからない時には、フランス語なり英語なりイタリア語なりで相談し合ったりできるし、かざかざかざかざ(アラビア語でetc)って意味。

一人エイリアンみたいな状況なんてわからんわさ。

でも、「そういうこと言わないで!わたしはわたしで辛かったし、そんなふうにおちょくるようなことやめてほしい!」

 

の一言も言えなかった。笑ってごまかすしかなかった。

 

あ~あ、「いや」だな。

 

先生に「良く寝た?」と聞かれ、

「よく眠れました。」なんて言うと、

「日本人ってあまり眠らないのに、君は寝るんだね。」と言われて。

「そう?」といえば

「眠らないで一生懸命勉強して、働くのに、君は勉強してないね」と。

 

ただの気にし過ぎかもしれないけれど、嫌だなあ。何なんだろう。

でもそんなこときにしててもしょうがないし、(だってどうにもならない)

多分どうせ明日も学校に行けば(授業に出れば)一回はそういう嫌味を言われるし、

多分先生が日本嫌いなんだろうな、とでも思うことにして、耐えるしかない。

 

でも一回も遅刻しないで、宿題も忘れないで、欠席もしないで来ているわたしは偉いと自分でほめておこう。

だって誰もほめてくれないし。笑

みんな30分後くらいにくるし、寝坊して午後からなんて当たり前だし、宿題出さないし。

 

でも、それってモロッコにいる時だけのことじゃないんだろうな。

 

どこにいたって、どんなことをしてたって、

誰かがほめてくれて、誰かが認めてくれて、って待っていてもしょうがないのだろう。

ていうか、誰も別にそんな、自分のすべてのこと見れてないし。どう評価しろっつーねん。って話なのかもね。

 

自分のことを、自分で抱きしめることも大事。

よく小さいころから、自分のことをほめるなんていけない、と思っていた。

わたしのこういうところが、いいところ、なんて言っちゃいけないと思ってた。

おごっているんじゃないのか、とお母さんやお父さんやおねえちゃんに怒られた(怒られるような)気がして。

 

いつしか、自分の良さが本当に、全くわからなくなった。

数字でしか、目に見えるものでしか、測れなくなった。だから偏差値を見せて、どうだ、ということしか言えなかった。

 

でも、そうじゃないんだよね。

 

今でも、自分のこんなところ、自分のこういうところっていいところだと思うと、心の中でさえ、思えない。

思おうとすると、お母さんやお父さんやおねえちゃん、家族から、親友、友人、先生、みんなに指をさされ

「あいつはそんなやつじゃないのに、なんてやつだはずかしい。」と怒られるんじゃないか、と怖い。

 

でも、きっとそんなことはなくて。きっとただの幻想で。

 

でも今、モロッコにいると、素直に自分のことが褒められそう。

 

だって本当にだ〜〜〜〜〜れもいないもん。見てないもん。笑

 

 

マッサラーマ!

今日の結論:

1.猫がたくさんいる。理由はわからない。モロッコ人に聞いても不明。かつおぶしは万国共通だった。

2.タクシーは積極的に使いましょう。安いです。1番お得です。むしろ乗ったほうが得です。

3.自分のことを自分でハグしましょう。それも、強さ。